タイトルイメージ
本文へジャンプ

毎日お勧め品をスタッフで話し合い、店頭に大きく表示
テイスティングを積極的に行っています。

週末などには、店前広場にて試食を行い
平日・閑散期などには、ジェラート売り場にて お勧め品の案内およびテイスティングを行います

味の選択に迷われるお客様も多く
「全種類お味見できます」と お声かけするようにしております。
一口味をみてからという試食形式での販売は好評をいただいております。
お勧め品は主に果物を利用したジェラートです


春季には イチゴのジェラートが大人気なのですが、ジャムや冷凍ピューレを使用する店が多い中
生のイチゴを1つ1つヘタを取り除き、ジェラートに使用します。
特に珍しいのは 埼玉県の大利根完熟イチゴを利用したジェラートです
このイチゴを入荷できるのは千葉では長塚青果のみの大変貴重なイチゴです
糖度がとても高く、味も濃厚なので ジェラートにしてもイチゴそのものの味が存分に味わえます。


夏季には 夕張メロンや 千葉県一宮長生農業共同組合直送のアールスメロン(長生メロン)など
他店には絶対に味わえないジェラートに人気が集まります


秋季には サツマ芋・紫芋・カボチャの人気が高いのですが
(芋・カボチャ類はできるだけ千葉県産を使用しております)
他店ではこれらの素材は蒸したり、煮たりして加工をするためとても水っぽくなってしまいます。
Labestoneでは、遠赤外線焼き芋機械にてこんがりとやきあがったほくほくの芋・カボチャを使用
するため、素材の味を最大限生かすことができます。
とても濃厚な味で 特に女性には大人気です。

栗も大変人気のあるメニューです
日本全国どこを探しても、生栗を使用しているイタリアンジェラート店を見たことはありません。
蒸した栗を1つづつ剥くのは膨大な作業です。他店ではおそらくマロンペーストをしようしていると
思われます。Labestoneでは生栗と栗の甘露煮を使用しております。

他にも酸化のしやすい りんご を使用する場合
他店では生のりんごは大量には使用せず、りんごジュースを使用したり
野菜ジュースの中にりんごを混ぜるといった形をとっているようです
ジューススタンドで生のりんごジュースを出している店は大変珍しいと思われます。
それを可能にしているのは、大量に生産するのではなく こまめに製造をして販売しているからです
 ⇒これも大変手間のかかることですが、りんごジュースはとても人気が高いため定番メニューです


ジュースでの一番人気は メロンジュースです
食べ頃のメロンを常に用意するというのは、青果店以外では不可能なことです
何種類かのメロンをミックスして作るのですが、大変高価で香りの良いアールスメロンが入っている
ジュースは他店ではありえないことです。(静岡産のマスクメロンも使用しております)
あったとしても、販売価格はとても高く 一杯250円で本格的なメロンジュースがご用意できるのは
Labestone だけだと思われます。



(その他オリジナルメニュー等)
千葉そごうのレストスペース前にある Labestoneでは ご年配のお客様も大変多いので
和風ジェラートも数多く取り揃えております
黒蜜&きなこ、抹茶&小豆、黒胡麻、豆腐 など

オーロラモールの開店に伴い 若い女性客の増加も見込まれます
スポンジケーキを利用した イチゴケーキ、ブルーベリーケーキ、ティラミスケーキのジェラートは
若い女性に人気のある商品です。