タイトルイメージ
本文へジャンプ

青果店直営というメリットを最大限活かして、毎日製造ブースにて
フレッシュジュース&イタリアンジェラートを製造販売しております

千葉市中央卸売市場では、年間を通してさまざまな青果物が流通しており
本社であります長塚青果株式会社は、千葉市中央卸売市場からだけではなく
埼玉県大宮中央卸売市場、東京都築地市場にも毎日定期便が出ております。
日本全国、世界各地の青果物がその日のうちに売り場に搬入されます。

その他にも大田市場から荷物が運ばれることもありますし、
商社から直接輸入果物を仕入れることもあります。
初夏には千葉県一宮長生農業共同組合より 長生メロンが直送されますし
秋には青森の八戸市場から産地直送りんご・洋ナシが入荷されます。

LaBestoneでは、その長塚青果の流通技術を最大限利用しまして
常に フレッシュフルーツのジュース&ジェラートに力を入れております。

青果物には食べ頃もあります。
購入してもすぐに利用できる果物は非常に少なく 追熟期間が必要となります。
見極めも必要ですし、場所も必要となります。

青果物に関しましては仕入れ・販売のプロフェッショナルが揃っておりますので
常に食べ頃の青果物を用意することができます。

特に果物は食べ頃が大切で、追熟期間が足りない時には栄養価も糖度も低くなります。

新鮮な食べ頃の果物を毎日安定供給するということは他店ではなかなか難しいと思われます。
その理由としては、価格(コスト)的に考えても、冷凍ピューレであったり
水煮・缶詰を利用したほうが安価であり管理もしやすいためです。

ジェラートでは
フレッシュフルーツのジェラートよりも ミルクやヨーグルトをベースとしたジェラートの方が原価も安い上に、
手間もかかりません。フレッシュフルーツは原価も安定しない上、大変効果な果物も多く市場から直接仕入れをできるからこそ利用できる果物も多々あります。その上、フルーツを加工(皮をむいたり、切ったり)するのには
大変な手間がかかり スタッフの熟練も必要となりますし、とにかく時間がかかります。
さくらんぼであれば、小さな種を一つづつ取り除いたり 硬い栗の皮を手作業でむくのは大変なことです

ジュースでは
他店ではオレンジ・グレープフルーツ・レモンなど いつでも安価で手に入る果物以外では
たいてい乳製品とのミックスを取り扱っている店も多く
乳製品を利用していないとしても、濃縮還元を利用したり 水で薄めているようです。

ジュースに関しては、他店では常に水の使用量が一定のようですが
果物には時期があり、水分や糖分は常に変化するものなので Labestonedeha
果物の状態をよく見極め、水分量をその時 その時で調節しています。
そういった理由からもフレッシュフルーツを利用しているお店があったとしても、
利用率は低く 水・またはその他乳製品を使用しないで製造するというのはかなり難しいと思われます。
濃縮還元ジュースを利用している店も多く、そういう店ではかなり多くの水を利用しているようです。

Labestoneでも、糖度を保つために必要に合わせて水を利用することはございますが
素材の味をそこなわないよう 最大限配慮しています。

水にもこだわりをもっておりまして、パイウォーターを導入しております。
パイウォーターは体内活性水
とも言われています

イタリアンジェラートは常に30種類以上、フレッシュジュースも6〜8種類
ご用意しております。これだけの種類を常に用意している店は他にみたことがありません。

Labestoneで利用している果物
定番メニューでは
りんご(各産地:秋には青森の産直りんごを利用)、レモン、オレンヂ、グレープフルーツ(商社から買い付けすることもあります)、パパイヤ、マンゴー、パイナップル、メロン、キウィフルーツ等

季節のメニューでは
イチゴ、柚子(ゆず)、さくらんぼ、枇杷(びわ)、夕張メロン、長生メロン(一宮農協より直送のアールスメロン)、
スイカ(赤・黄)、桃、各種ぶどう(巨峰・マスカット他)、青梅(店舗にて青梅を砂糖漬けにしています)、プラム、
ソルダム、グリーンレモン(国産)、カボス、柿、栗、イチヂク、甘夏みかん、伊予柑、みかん、スウィーティー、
ルビーグレープフルーツ、ゴールドキウィ、アメリカンチェリー、マンゴー、ライチ、マンゴスチン、ブルーベリー 他

※青梅は三温糖で砂糖漬けにして、できたシロップはそのまま 青梅ジュース・ジェラートとして 販売し、果肉でジャムを作り 青梅ヨーグルトなどに使用します。(青梅の時期はかなり限られ  ているため、大人気の商品です。)

※マンゴーはペリカンマンゴーだけを使う店がほとんどですが 糖度の強いメキシコマンゴー (アップルマンゴー)を一緒に使用しているのも特徴です。
国産マンゴーが入荷している時期には九州・沖縄産のマンゴーも使用します。

その他市場で出回っている果物は随時利用可能です。成分表示にも気をつけております。
アレルギー表示義務のあるものはもちろん、常に店舗にアレルギーリストをご用意しております。
フレッシュジュースにはこまかい成分表示もしてあります。